スタッフ|Staff Profile

監督・脚本:遊川和彦

profile:ゆかわ・かずひこ

1964年6月22日生まれ、神奈川県出身。
1955年10月24日生まれ、東京都出身。広島県で育ち、大学卒業後上京。最初は役者志望で無名塾の試験も受けた。映画学校に短期間在籍後テレビ制作会社ディレクターを経て、87年に「うちの子にかぎって…スペシャルII」(TBS)で脚本家としてデビュー。03年のスペシャルドラマ「さとうきび畑の唄」(TBS)の脚本を担当し、文化庁芸術祭大賞(テレビ部門)を受賞。
05年の涙そうそうプロジェクト「広島 昭和20年8月6日」(TBS)が、日本民間放送連盟賞番組部門・最優秀作品に選ばれた。同年、「女王の教室」(05年/日本テレビ)を手掛け、第24回向田邦子賞受賞。「家政婦のミタ」(11年/日本テレビ)は、最終回でドラマ視聴率史上歴代5位タイ(放送当時は3位タイ)となる40.0%(21世紀のドラマでは歴代2位、放送当時1位)という、高視聴率を記録。この作品で東京ドラマアウォードの脚本賞を受賞。脚本を手がけたTVドラマは数知れず、「オヨビでない奴!」(87年/TBS)、「学校へ行こう!」(91年/フジテレビ)、「ADブギ」(91年/TBS)、「禁断の果実」(94年/日本テレビ)、「人生は上々だ」(95年/TBS)、「真昼の月」(96年/TBS)、「GTO」(98年/関西テレビ)、「魔女の条件」(99年/TBS)、「オヤジぃ。」(00年/TBS)、「恋がしたい恋がしたい恋がしたい」(01年/TBS)、「おとうさん」(02年/TBS)、「幸福の王子」(03年/日本テレビ)、「夫婦。」(04年/TBS)、「女王の教室」(05年/日本テレビ)、「演歌の女王」(07年/日本テレビ)、「曲げられない女」(10年/日本テレビ)、「リバウンド」(11年/日本テレビ)、「家政婦のミタ」(11年/日本テレビ)、「純と愛」(12−13年/NHK)、「○○妻」(15年/日本テレビ)、「偽装の夫婦」(15年/日本テレビ)、「はじめまして、愛しています。」(16年/テレビ朝日)などがある。本作が映画初監督作品となる。

  • 原作:重松 清

    profile:しげまつ・きよし

    1963年生まれ、岡山県出身。出版社勤務を経て執筆活動に入る。91年『ビフォア・ラン』でデビュー。99年『ナイフ』で坪田譲治文学賞、『エイジ』で山本周五郎賞、2001年『ビタミンF』で直木賞、10年『十字架』で吉川英治文学賞、14年『ゼツメツ少年』で毎日出版文化賞を受賞。話題作を次々に刊行する傍ら、ルポルタージュやインタビューなども手がける。『定年ゴジラ』『流星ワゴン』『きよしこ』『その日のまえに』『きみの友だち』『とんび』『希望ヶ丘の人びと』『空より高く』『また次の春へ』『赤ヘル1975』『一人っ子同盟』『なきむし姫』『たんぽぽ団地』等著書多数。

    原作本

    『ファミレス』上下 (角川文庫)
    著:重松 清  定価:各・691円(税込)

  • 劇中歌:吉田拓郎

    profile:よしだ・たくろう

    1946年4月5日生まれ、鹿児島県出身。1970年デビュー。1972年1月にリリースしたシングル「結婚しようよ」はヒット・チャートの2位にランクされ、50万枚を超す大ヒット。同年6月リリースのシングル「旅の宿」はチャートの1位を記録、売上げ60万枚を記録。さらに同年7月発売のアルバム「元気です」で、アルバム・チャート第1位を記録。1975年には、小室等、井上陽水、泉谷しげるとともにアーティスト自らがつくるレコード会社“フォーライフレコード”を設立したことでも知られる。日本音楽史の中でフォークを確立させ、今でも多大な影響力をもつミュージシャンのひとり。今年2016年、2年振りとなる首都圏ライブツアー「ブルボン presents 吉田拓郎 LIVE 2016」を開催し、10月27日に千秋楽公演を迎えた。本作の劇中歌「今日までそして明日から」は1971年7月に発売されたシングルで、これまでにも『旅の重さ』(72年/斎藤耕一監督)や『映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲』(01年/原恵一監督)でも劇中歌として使用されている。

  • 音楽:平井真美子

    profile:ひらい・まみこ

    ピアニスト/作曲家。桐朋学園大学音楽部ピアノ科卒業。美しく親しみやすく前向きなメロディーと演奏表現力が、クリエイターの厚い信頼を得て、映画『白夜行』『映画 中村勘三郎』『トワイライト ささらさや』『先生と迷い猫』『ボクは坊さん。』、ドラマ「ボクの妻と結婚してください。」、「偽装の夫婦」、「はじめまして、愛しています。」、NHK−BSプレミアム「にっぽん縦断こころ旅」等、映画・CM・TV番組を中心に多くの音楽制作を手掛ける。これまでに『Piano Diary(2007年)』『夢の途中(2013年)』の2枚のオリジナル・ピアノソロアルバムを発表。2012年、新進気鋭のアーティストに贈られる、アメリカのS&R Washington Awardを受賞。

製作:中村理一郎 市川南 共同製作:髙橋誠 茂田遥子 大川ナオ 堀内大示 市村友一 吉川英作 荒波修
プロデューサー:福山亮一 三木和史 共同プロデューサー:上田太地 撮影:浜田毅(J.S.C.) 照明:髙屋齋 録音:南德昭 美術:金勝浩一
装飾:高畠一朗 編集:村上雅樹 音響効果:斎藤昌利 VFX:小坂一順 衣裳:片柳利依子 ヘアメイク:小泉尚子・原田ゆかり
スクリプター:八木美智子 助監督:菅原丈雄 製作担当:今井尚道 ラインプロデューサー:本島章雄
製作:『恋妻家宮本』製作委員会 制作プロダクション:ビデオプランニング 配給:東宝 電通・東宝提携作品

loadingIcon